ご存知でしたか?30年目は真珠婚式

誕生日も大切な記念日ですが、結婚しているカップルにとって、結婚記念日も同じくらい特別な日と言っても差し支えありません。
25年目の銀婚式、そして50年目の金婚式はメジャーなので知っている方々も多いのですが、75年目に迎えるダイアモンド婚式までの間には、じつにたくさんの「〇〇婚式」が決められおり、世界中で広く祝われているのです。

そんな中、30年目で迎えるのが真珠婚式。真珠の石言葉は富・長寿・健康ですから、結婚30年目の節目には、まさにふさわしい宝石にちがいありません。
真珠を使ったアクセサリー、特にネックレスは、若い女性はもちろんのこと100歳を超える老婦人にも、素敵に身につけてもらえる宝飾品です。
そして慶事にも弔事にも使うことができるため、とても重宝するアクセサリーです。

また真珠は、フォーマルな装いに合わせると上品な華やかさをプラスしてくれますし、ちょっとしたお出かけ着に合わせると、それだけでいつもの服装を急にワンランクアップさせてくれます。
ですから、真珠のアクセサリーをプレゼントされて喜ばない女性など、この世の中には一人も存在しないと言っても過言ではないほどなのです。

そんな真珠のアクセサリーは、真珠婚式に贈るプレゼントとして、まさにピッタリのアイテムといえそうです。
活躍するシーンの多さから考えると、一番おすすめできるのは一連のネックレスです。
長さは、チョーカー(約38cm)かプリンセス(約42cm)のネックレスを選ぶと、どんな衿の形の服にも合わせやすいので、喜ばれます。
もしすでにこの丈のネックレスを持っている場合は、アレンジの効くロング丈も素敵です。

真珠のアクセサリーは、丁寧に手入れをしていれば、その美しさを長く保つことができます。将来は子供や孫にも受けつがれ、大切に身に着けてもらえる宝石です。結婚30年目にあたる真珠婚式のお祝いには、真心のこもったプレゼントで、思い出に残る記念日を迎えられますよう。

参考記事:真珠婚式に喜ばれる贈り物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です