葬式で真珠をつけるときのマナーを知る

様々な場面で役立ってくれることが多い真珠ですが、葬式でつけるときには必ずマナーを守るようにしましょう。
周りに不快感を与えることがないよう、大人としてのマナーを身に付けておくと良いでしょう。
喜ばしい席とは異なり、華やかに見えるようなものは出来る限り外した方が良いのです。

まずは、葬式での真珠の意味合いですが、「涙」を表現するものとして身につけることになりますので、故人に対して哀悼の意を表していることになります。
自分を飾り立てるためにつけるものではありませんので、あくまでも控えめにすることが重要です。
最もポピュラーな真珠のネックレスですが、一連のものをつけるのがマナーです。
二連以上のネックレスになりますと華美になりすぎてしまいますので、NGとされているのです。
どうしても二連以上のネックレスしかない場合には、つけるのを控えた方が良いでしょう。

長さや粒の大きさについてですが、ロング丈ですと派手な印象を与えてしまいますので、ショート丈を選びましょう。
そして、大粒の真珠も目立ちすぎてしまいますので、小粒の真珠を選んで身につけると良いでしょう。

色は白か黒を選んで身につけましょう。
どちらかであれば、マナーに悖るということはありません。
いくら素敵な色合いであっても、ピーコックなどは避けた方が良いでしょう。

次に、そろいのイヤリングとリングについてですが、これはつけても大丈夫だということになっています。
しかし、こちらもあまりにも華美な装飾が施されている場合には遠慮した方が良いでしょう。
シンプルな一粒タイプのデザインのみ、つけることが可能です。
イヤリングではなくピアスでも問題ありません。

続いて、葬式の場に相応しい服装として、和装と洋装の二種があるのですが、真珠をつけることが出来るのは洋装のみです。
和装の場合は基本的に、アクセサリーはつけないこととされていますので気を付けましょう。

最後に、家や地域によってマナーが異なる場合もありますので、不安な場合には確認しておいた方が良いでしょう。

参考記事:大人女子なら知っておきたい葬式(お通夜)での真珠をつける時のマナー